がんばる女性を応援するヘルスケアサイト GREEN HELP

  • TOP
  • コラム
  • 糖分の取り過ぎが生理痛を悪化させてるかも?

糖分の取り過ぎが生理痛を悪化させてるかも?

2017年10月20日

生理になると、ついつい甘いものが食べたくなってしまってしまう方も多いのではないでしょうか?
しかし、生理中に糖分を多く取ることが、つらい生理痛を引き起こしているかもしれません。
ここでは、なぜ生理になると甘いものが食べたくなってしまうのか、またどんな食べ物が生理痛を悪化させてしまうのかをご紹介します。

なぜ生理前や生理中に甘いものを食べたくなるのか?

生理前や生理中に甘いものが食べたくなる原因として、女性ホルモンのバランスが崩れることが挙げられます。そもそも、生理中のイライラは「セロトニン」という物質が少なくなることで起こります。イライラを抑えるため、脳は「セロトニン」を分泌させようとします。そこで「セロトニン」を作るのに必須なのが「ブドウ糖」です。砂糖は体内で「ブドウ糖」になるため、脳が「セロトニン」を作り出すために甘いものを食べるよう指令を出すのです。また、甘いものの定番であるチョコには、生理中に不足しがちな「マグネシウム」も含まれているため、生理中に食べたくなってしまう人が多いのです。

糖分による「冷え」も生理痛を悪化させている?

糖分はいわゆる白砂糖であり、白砂糖は血糖を急激に上昇させます。急激に上昇した血糖は、その後大量に放出されたインスリンにより急激に低下し、それにともなって体温も低下します。生理中はつい甘いものを食べたくなってしまいますが、糖分は冷え性の元となってしまいます。摂り過ぎには気を付けましょう。

生理痛を悪化させる他の食べ物は?

生理中に避けたほうがよい3つのCがあります。それはCoffee(コーヒー)・Chocolate(チョコレート)・Cheese(チーズ)です。これらには血管や子宮を収縮させる「チラミン」という成分が入っており、痛みを強くさせてしまうことがあるからです。生理になる1週間ほど前から、できればこの3Cの摂取を控えた方がよいでしょう。また、肉に含まれる「アラキドン酸」は「プロスタグランジン」を作り出すため、主菜は魚に置き換えるのがおすすめです。他にも、身体を内側から冷やす柿、バナナ、キウイなどのフルーツや、アイスクリームも避けたほうが良いでしょう。

まとめ

つらい生理中に甘いものを食べると、イライラを和らげる効果が期待できます。しかし、取り過ぎると冷えや痛みの原因になってしまう可能性があるため、生理痛の悪化を防ぐためにも、生理前から普段の食生活を意識してみましょう。

Recommend Article